シュケル・バイラム

みなさん、こんばんは。

トルコではラマダンが終わり、20日から「シュケル・バイラム」という祭日が三日間ほど始まっている。

ほとんどの商店も閉まり、街の雰囲気はまるで日本の元旦のよう。そして、断食も終わったので、行き交う人たちもみな陽気に感じる。

「シュケル」はトルコで「砂糖」、「バイラム」は「祭日」という意味。子供達は、キャンディをもらいにお店や家をまわる。まるでハロウィンみたい。

しかし、この祭日で郵便局も三日間休みになるとは知らず、日本へ荷物がまだ送れてない。

出発予定日の23日に郵便局は始まるんだけど、自転車移動の始めに利用する船は朝と晩にしかなく、日本への荷物の手配する時間を考えると、どうしても夕方に出発することになってしまう。

そんなこともあって、出発予定日を9月24日に変更する可能性がでてきました。

ではでは。

3 thoughts on “シュケル・バイラム

  1. momo

    始めましてモモです。去年の今頃から5ヶ月程トルコに滞在しててそろそろトルコ恋しい病がMAXになってきたので再訪しようかと考えていたら探し当ててしまいました。笑
    自転車でとはスゴイですね。ご存知の通り路面状況があまりよろしくないので、足回りのスペアもんはかなり重要ですよっ

    去年、カッパドキアのバイク屋にしばらくいたんですがその時に日本人夫婦が自転車で旅行してたんです。やっぱり足回りの痛みが非常に早くてパンクなんて日常茶飯事って言ってましたよ。
    もちろん、私がいたバイク屋ではレンタサイクルもしてたんですが毎日2~3台はパンク修理してました・・・どうやらあのエリアにはチューブに直接刺さる植物があるという話でした。秋冬には気をつけないとダメらしいです。

    私はライダーなので次回はバイクでトルコを周ろうかとも考えているんです。理由は同じですよ。笑
    みなみえさんはディヤルバクルに到着した後はどうするんですか?隣国にでも?
    もし、同じ時期に同じ日本人が同じ二輪でトルコを旅していたら、、会えたら良いなぁ~って思いました☆

    では、気をつけて走ってくださいね!

  2. ryu

    カッパドキア行きたい!
    いろいろと教えて欲しいな..
    カッパドキア着いたら連絡してよ。
    んじゃ、頑張ってね〜

  3. minamie

    momoさん

    初めまして!
    見つけてくれてありがとう。

    バイクもいいですね。
    今のところ、道路のコンディションはぼちぼちです。
    でも、ガラスの破片が至る所に散らばってるので、そのうちパンクしそうですね。

    自転車移動は、なんか修行的な感じがしますね。笑

    またトルコを再訪されるならば、お知らせぐださーい。

    ryuさん

    どうもです。
    残念ながら、今回はカッパドキアは寄らないんです。一度行ったこともあるし、あそこの山道はただものじゃなさそうな雰囲気が・・・。
    ツアーとかだったら気軽に行けるので、ぜひぜひトルコへ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *