装備【キャンプ用品・ウェア】

みなさん、こんにちは!
みなみえです。

装備【自転車】編に続きまして、今回はキャンプ用品やウェアの装備について。

ネットで色々しらべていると、サイクリストの間ではモンベル社の商品が人気あることがわかった。そこで、梅田のGAREにあるモンベルクラブに行ってみたが、種類が多くて何を選んだらいいのかわからない・・・。そこで、サイクリストのクッキーさんに相談したところ、クッキーさんもモンベルの愛用者ということで色々とアドバイスしてもらい下記の商品を選定することができました。

【テント】 ムーンライト テント1型
【グランドシート】 ムーンライト 1 グラウンドシート
【シェラフ】 スーパーストレッチ バロウバッグ #3
【マット】 U.L.コンフォートシステムパッド 150キャンプ
【上着】 サイクルトレーナージャケット Men’s
【上着】 ジオライン 3Dサーマル サイクルジップシャツ Men’s
【シャツ】(長袖) WIC.ライト ラグランロングスリーブTシャツ Men’s
【下着】 ジオライン クールメッシュ トランクス Men’s
【長ズボン】 ストレッチライトパンツ Men’s
【レインシューズカバー】 サイクル レインシューズカバー
【ソックス】 ウイックロン AB2 トラベル ソックス
【マフラー】 シャミース ネックゲーター
【圧縮袋】 バキュームパック

宿泊は、宿とキャンプを併用して行く予定。トルコの物価は低くはないので、毎晩ホテルに泊まるとなると金銭的に厳しい。また、宿泊施設のない街で一晩明かさないと行けない可能性や、街にたどり着けずやむを得ず野宿する可能性もあるので、キャンプ用品は持って行くことに。

ウェアに関しては、秋から冬の始まりまでの移動になるので、防寒機能も考慮しながら選定。また、数量も最低限の数だけ持って行くことに。なので、洗濯しても一晩で乾くように、材質は速乾性のあるものにしている。

トルコも近代国家なので「足りなければ現地で購入すれば良いだけ。」と割り切ったものになっている。

上記の装備は全てモンベル社の製品になります。また、今回の旅では、モンベル社の「チャレンジ支援」制度によるご支援を頂いてます。
モンベル社は、多くのアウトドア製品を販売されており、サイクリストからも定評のあるメーカーです。旅中に使い心地などをレポートできればと思っています。

次回は、その他の装備について説明いたします。

では、みなさん、ごきげんよう。
みなみえ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *