シャンルウルファ 二日目

みなさん、こんばんは。

昨日は晩御飯を二食も食べてしまいました。ウルファ・ケバプとチャパ・ジョルバ。今日は、ラフマジュンと鶏のシシ・ケバプ!さすが食い倒れの街!

朝は雨が降ってたので昼前から、予言者アブラハムが生まれた場所と言われている「アブラハム生誕の地」とアブラハムゆかりの魚が住む「聖なる魚の池」とヒッタイト時代に建てられた「シャンルウルファ城」を観光。

観光し終えるとまた雨が・・・。やだなぁ雨は。雨はまだまだ続くようで、困ったもんだ。

ちなみに、今日10月29日は「トルコ共和国宣言記念日」といつ祭日で、街ではトルコ国旗があちらこちらであげられている。

Kral Deniz 現地での結婚式の模様

また雨が降り、雷が落ちてますよっと・・・。さてさて、明日もゆっくりしますか。

5 thoughts on “シャンルウルファ 二日目

  1. のぶえ

    シャンルウルファ、とっても素敵ですね。
    トルコの中でも、とても歴史のある町の一つの様ですね。
    2〜3泊しないと、しっかりと観光出来ないぐらい盛りだくさんですね。
    食い倒れの町なんですね!!
    トルコの料理は美味しいですよね。それが食い倒れ・・・
    是非是非行ってみたい〜!

  2. hagu

    ウルファのごちそう、是非画像をアップしてくださいませ。
    ・・・ジュルジュル。
    ヒッタイト時代の遺跡が残る場所。突き出た塔は、ヒンドゥーのリンガーと同じような意味があるのでしょうか。YouTubeの画像は、二つ一緒に再生したら、すご~く雰囲気が出て、臨場感ありました。ありがとうございます。ところで、明日から私は出張で、パソコンを持って行かないので、みなみえさんが、ディヤルバクルへ到達する頃は、山梨。帰ってから、だいぶずれたお祝いのコメントをするかもしれません。お気をつけて。

  3. けいしのすけ

    5枚目は「聖なる魚の池」の魚に餌やってるところかいな?
    魚にとっても食い倒れの街やな
    ・ิω・ิ)

    Kral Deniz 現地での結婚式の模様見てちょっと安心した。
    頭振り回す程踊るんかと想像してたもんで・・・w
    2つ目のドラム、かっちょええね~リムショットが( ゚д゚ )イカス~

  4. madamkase

    あの聖魚の池の魚達、うっわ~、ってくらいに集まってきて
    ちょっと鳥肌が立つくらいすごい迫力だったでしょう。
    ウルファの街角の、どのロカンタに座っても必ずや美味しい
    ウルファ料理が出てくるので、ほとんどハズレなしだと
    思いますよ。
    ディヤルバクルのご家族とも連絡が取れたのなら安心です。
    おじさん達が独特な被り方をしている薄紫色の被り物あるでしょ。
    あれを被せて貰って記念撮影しておくことをお勧めします。
    アラブ人みたいに見えるかもよ、きっと。
    ではウルファ暮らし、楽しんでください。

  5. みなみえ

    聖なる魚の池の魚の多さは半端ないですね。
    餌を与えるとギョッとするくらいの群れがやってきますよ。

    シャンルウルファでは、紫のスカーフを巻いている人がかなり多いですね。男性もお年寄りの方も巻いてる方が多いです。

    ケバプ屋さんがとても多くどの店で食べようか迷います。でもロカンタはあまり見かけないですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *