シェレフリコチヒサル 一日目

引き続きみなさん、こんばんは。

ノーマンさんの家を出たのは、朝の八時。出発する前に温かい牛乳をご馳走になった。もちろん、ノーマンさんが飼っている牛から搾ったもの。とても美味しいです。

そして、出発するも道の先が少し薄暗い。目をこらすと、遠方で雨が降っているのがわかる。引き返す訳にもいかないので雨に降られるのを覚悟で進んで行く。

そして、シェレフリコチヒサル向かう予定だったが、近場のクルという街へ行こうと予定を変更。

出発から二時間後に雨に遇うも、自転車で進めるられるほどだったので、雨に打たれながらも進むことに。とても寒い。ところが、一時間ほどすると雨も止み、道の先に太陽の明かりが大地を照らしている。

これなら行ける!と思いクルではなくシェレフリコチヒサルを目指すことにした。そして、どうしても早くトゥズ塩湖に行きたかった。

トゥズ塩湖は、二年前にディヤルバクルの家族たちと出会った思い出の場所。このトゥズ塩湖で彼等と出会ったことで、自分の人生が大きく変わることになった。

二年前に仕事の環境の変化に付いていけず、いわゆる「鬱病」というものになってしまった。そこで、友人の提案で海外旅行に行くことに。

それまで旅行なんてものには、全くと言ってもいいほと興味がなく「旅行なんかして何が楽しいんだろう・・・」といつも思っていた。そんな自分が気分転換にと、初めての海外旅行でトルコにツアーで訪問することになり、あっというまにトルコに魅了されてしまった。そして、彼等とここトゥズ塩湖で出会ったのだ。

しかし、日本に帰るもやはり仕事環境の変化に付いていけずドロップアウトしてしまう。その時にどうしてか、彼等にまた会いたいという気持ち強く出てきた。そして、色々な人の手助けで、その家族と連絡を取れることになったのだ。とても感謝しています。

それからは、トルコを再訪することばかり考えるようになった。でも、トルコに魅了されたと言っても、他の国や文化も知らずにトルコは素晴らしいなんて言えるのかな?と思い、そして会社を辞め世界一周の旅に出ることになった。

そして、その旅の中でトルコを訪れご家族と再会することができたのだ。

つまりのところ、トゥズ塩湖とは自分にとって、そのような場所なのです。

そして、後輪に針金が刺さりパンクするも、修理してなんとか彼等と出会ったトゥズ塩湖沿いパーキングエリアに到着。気が付けば、また後輪がパンクしてるではないか。トゥズ塩湖を観光したい気持ちを抑え、先にパンクの修理を済ませる。

珍しいのか、スペインから来ている観光客のおばさんから修理している様子を記念写真として撮られる。おばさんのトルコの思い出に私か残りましたね!

そして、塩湖へ。

やっときたよ!
思い出す、この景色。何も変わってないね。

(陸地部分は、ほんとうはもっと白いのですが、写真の具合いと太陽の影の具合いで少し薄暗くなってしまいました・・・)

日本からのツアーの方々もいた。彼等もトルコで何かいい事あったかな?トルコの事好きになれたかな?

まだまだそこにいたかったけど、陽が暮れる前に次の街にいかなければ。
名残惜しいが、トゥズ塩湖を後にシェレフリコチヒサルを目指す。

でも、実はトゥズ塩湖はとてもでかいのでアクサライへ向かう途中にもまた見る事ができる。

そして、一時間ほと走り街が見えてきたが、また後輪がパンクしてる。パトラッシュ、今日はいっぱい走ったからもう疲れたんだね。

パンクの修理はホテルに着いてからすることにし、街まで数キロほど押して歩くことにした。

シェレフリコチヒサルの街はそれほど大きくなく、こじんまりとした街のようだ。ホテルも見つかり次の街、アクサライも80kmほどあるので、明日もこの街で休むことにしよう。

自転車屋さんで、パンク修理の材料を買わなければ、今の手持ちの量ではこの先、足りなくなりそうだ。

世界一周旅行のブログ
「ちょこっと世界一周。」

8 thoughts on “シェレフリコチヒサル 一日目

  1. たま さなえ

    トルコの、広い、広い空!
    懐かしいな~

    本当にトルコの人たちは、優しいよね。
     

  2. hagu

    「ちょこっと世界一周」読ませていただきました。
    で、やはりトルコにご縁があったのですね。
    加瀬さんのコメントに、
    「トルコではこういう形で現われた客人は神様の
    お使いと考えて、大事にしてくれるのです。」
    とありましたが、ありがたいですね。
    日本も昔昔は、まれびととして迎える文化があったとおもうのですが・・・。
    旅も日常も、現実をどれだけ前向きに冷静に受け止めて、次の行動をどのように起こすか、の連続。さあ、私も今日も仕事しよ!
    日記を楽しみにしてます。ありがとう。

  3. tama

    体調も回復し、旅も順調に進んでいるようですね。
    良かった!

    トルコには人を包んでくれるような、大らかな優しさがありますよね。
    私もトルコ旅行をしたとき、ちょうど人間関係でウダウダ悩んでいる時期でした。でもそれも食いしん坊のトルコ人に食い尽くされたという感じに見事吹っ切れ、身体は重くなりました(太った!)が、心はすっかり軽くなって帰国しました。

    今でもトルコの人たちの温かさを思い出すと、胸が熱くなります。

    内陸部は大分冷えるようなので、体調管理に気をつけてくださいね!

  4. みほみほ

    何だかドラマティック〜
    怪我には気をつけて★
    自転車の旅、合ってそうですね

  5. けいしのすけ

    今回感慨深いなwちょっと感動してしまったじゃないか。
    トゥズ塩湖に行けて良かったな!

    (´;ω;`)ほろろ

  6. のぶえ

    minamieさんの楽しまれている姿、本当に嬉しいです。
    カメラの前で自然な笑顔。良いですね。

  7. minamie

    みなさん、コメントありがとうございます。

    ほんと無事にここまで来れて、今までに出会った人達、また応援してくださってる方達に感謝いたします。

    でも、まだ道半ば。

    これからも気をつけて怪我のないように走り続けて行きますね。

    また、個々のコメントに返事が返せず申し訳なく思ってますが、漏れなく拝見してますので、これからもよろしくお願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *