アンカラから50km南下

みなさん、こんにちは!

アンカラから抜け出すのにまた時間が掛かってしまい、宿もないので少し困ってましたが、牛飼いのノーマンさんの家の庭にテントを張らしてもらうことになりました。

また、後程。

6 thoughts on “アンカラから50km南下

  1. のぶえ

    トルコの方々の親切が嬉しいですね。
    しっかり甘えさせて頂き、更なる良い出会いに繋がると良いですね。
    トルコの良さを満喫している様子、羨ましいです。

  2. けいしのすけ

    ほのぼのしたところやな~
    こっちは金のピンキートークで色々な毒を吸収し過ぎてグロッキーです。

    第三チャック  |
    開けておけ! /
     ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ハ|\∧/И/ ̄丶
      ハム____Z  |
      |”|<フ|| |   丶、_ノ 丶_ノ∧ |  _/\   / 丶 | /  _`ー-イ∥ |f| __(こ)、 / ∥ |リ L||| i丶  ∥ || ヒヒL_`ノ |  ∥ ノ/   (()」ノ  ∥ /

  3. りりあん

    初めまして。
    加瀬さんのブログを読み、みなみえさんの自転車の旅を知りました。
    写真がとてもきれいですね。
    一眼レフだからでしょうか?
    体調、元にもどってよかったです。
    しばらく、野宿とのこと。お気をつけて~♪

  4. hagu

    こんにちわ~
    のどかな風景です。もしかしてアンカラからずうっとこんな感じ?
    行けども行けども砂漠の、ニューメキシコを思い出してしまいました。
    お天気に恵まれますように。

  5. たま さなえ

    体調良くなったようで、良かったね!

    テントでは、夜の冷え込みに気をつけて。
     
    4日の夜は15夜月でした。
    同じ月をトルコでも見ていらっしゃるでしょうね。

    アクサライ、隊商たちが通った道をパトラッシュと
    走るなんて、良いな~

  6. minamie

    みなさん、コメントありがとうございます。

    なんとか寝床につけたので助かりましたよ。

    道の風景はブルサを抜けた後は、ほとんど農耕地帯なので景色はずっと同じですね。
    ただ、アンカラに近づいたころから遊牧の風景が見られるようになったかな。

    カメラは一眼ですね。だから綺麗なのかな。でも最近のコンパクトデジカメもかなり綺麗に写ると思いますよ。自転車移動に一眼レフは負担になってたりします・・・。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *