Category Archives: 05-1週間目

05-1週間目

3968287615_fc172bd87e

ポラトル 二日目 【街乗り編】

みなさん、こんばんは。

今日は、Polatliの街を自転車で回ってきて、自転車屋があったので、チェーンにオイルを挿してもらいました。お金払おうとしたら、「サービス、サービス!」って!ありがとう!

荷物を積んでいない自転車が、こんなにも軽いとは・・・!

あと、ロカンタ(食堂)へ夕食に行ったんだけど、そこでもまけてくれて、その後、売店でジュース買ったら飴玉を一杯くれたよ!
ほんとに、みなさんありがとう!

このあたりは、凄く乾燥してるか自転車で走ってると喉が渇きやすいので、飴玉があるととても助かるのです。

さてさて、明日は首都アンカラへ。
アンカラでも色々観光したいので、朝の9時には出発して、70kmくらいだから14~15時には着けるかな。でも大都市なので、街に入ってから時間がかかるかも。

ポラトル 二日目

みなさん、おはようございます。

今日、アンカラへ向かう予定でしたが、腰さんと脚くんが「もう一日休ませて!」って言うものだから、あと一日、Polatliで休んでから出発することに。

実際のところ予定よりも6日間ほど、前倒しでPolatliへ移動できてるので、日程的には問題ない感じ。

チューブのパンク修理も昨日の晩に済ませたし、順調、順調!

それと、一昨日あたりから遊牧民の姿をちらほら見かけます。遠くから羊たちの首にまかれた鐘が、「カランコロン」と聞こえ、テントの周りで子供達が遊んでいる。そして、こちらに気づくと手をふってくれるんですよね。

そんな風景を見てると、とても清々しい気持ちになって、走る気力も湧いてくる。

あと、トラックの運転手もすれ違う度に手をふってくれて、元気がでます。

ではでは!

ポラトル

みなさん、こんばんは!

朝の10時にSivrihisarのホテルを出発しようとすると、前輪なタイヤがパンクしてるではありませんか!

うわ~、面倒だなと思いながら、初めてのパンク修理に取りかかるがチューブのどこに穴があるか見つけられず、とりあえずスペアで持ってきた新品のチューブと交換。

そんなことで、一時間遅れで出発。

走っていると休憩所があったので休憩しようと寄ると玉ねぎ売りのおじさんたちに、自家製のチーズ、パン、なにかよくわからない食べ物をご馳走してくれた!そして、食後のチャイも!


ありがとう!おじさんたち!
写真送りますね!

そして夕方にはPolatliに到着!

通りかかった少年に、ホテルの場所を尋ねると、わざわざホテルまで自転車で先導してくれて、無事にホテルに到着!25リラだけど綺麗な部屋だし、スタッフもフレンドリー。

そういえば、Eskihisariのホテルは、同じ金額なのね独房のようでした・・・。

シヴリヒサル

みなさん、こんばんは!

なんとか走り切って、100km先のSivrihisarに到着!
あ~、疲れた~。途中でなんど諦め掛けたか・・・。後半はあまり上り坂がなかったから頑張れました。

ここは、総走行距離すごくデカい岩山のふもとにあって、迫力があります。

お腹空いたので、とりあえず夕食を。

ではでは!

今日の走行距離:101.56km
総走行距離:293.1km

エスキシェヒル

BoyuzukからEskisehirに向かうため朝の7時に起きたら、外がめっちゃくちゃ寒い!

う~ん・・と嘆きながら支度をしてるもルドゥワン君が見送りに来てくれて、お花をプレゼントしてくれた!自転車に差して、いざEskisehirへ!

と気合入れて出発するも、Eskisehirの手前で砂利道にハンドルをとられて、初めての転倒。前方にふっ飛んだけど、見事に体がクルッと転がり最後にピョンっと立ち上がり、かすり傷ひとつもなく見事に着地!
体育の授業で柔道の受身習ったかいがありました!誰も見てくれてなかったのが心残りです・・・。

12時過ぎには、Eskisehirに到着。
しかし、大きい街なのでホテルを探すのに一時間ほどかかってしまいました。25リラだったけど、自転車を置くスペースが無く、近くの駐車場で保管してもらうことに。

街に入ってから、綺麗な街だなって思ってたけど、観光してみると思った通りで、なんでこんなに綺麗な街が「地球の歩き方」(超有名な旅行ガイドブック。旅行者の間では「地球の迷い方」と言われることも・・・)に載ってないのか疑問!

写真を見てわかるように、街には綺麗な川が流れていて、遊覧船もあり、原宿のような通りもあって、とってもお洒落なところ。

ぜひ、トルコ滞在中に時間のあるかたは寄って欲しいですね。

明日は、Sivrihisarという街を目指しますが、ここからは100km以上もあり、山越えも何度かありそうなので、一日でたどり着けそうにない。
なので、どこかのガソリンスタンドの脇にテントを張らさせてもらう事になりそう。

それと予定を変更して、少し北上し首都アンカラに寄ろうかと考え中。

ではでは。

今日の走行距離:49.42km
総走行距離:191.5km

3959009816_d45003a900

ボズユク 二日目の夜

みなさん、こんにちは!

今日は、Eskisehirに到着しましたが、とりあえず昨日の晩のお話を。

ボズユクで、お世話になったロカンタ(食堂)に最後の夕食を食べに行ってピデを食べてたらサービスでサラダを頂きました。そして、かまどで調理してる時の姿を撮らさせてもらいましたよ。

いくぞ~!

ほい!

しゅっ!

おりゃ!

かぱ~ん!

おみごとです!!

そのあと、ルドゥワン君と近くのコンプレックス(複合遊戯場みたいなの)に遊びに行って、一緒にエアホッケーして遊んだり、いろんな人たちからお守りとかネックレスとかトルコの帽子とか、いっぱいプレゼントもらっちゃった!

みんなありがとう!

ボズユク 二日目

みなさん、こんにちは。

結局、今日はBozuyukにもう一日滞在する事にしました。

街の中心部は広場があり、メインストリートにはいろいろな商店が並んでいる。

少し道を外れると閑静な住宅街が。そして、鉄道沿いの街でもあるようです。

街中でアジア人が写真を撮っていると非常に目立ちます。だから、「俺らの写真も撮ってくれよ!」なんて事も良くあること。トルコ人は写真を撮られるのがお好きなようですね。

トルコの鉄道は、あまり発達しておらず、主要な移動手段はバス。最近、首都アンカラからイスタンブールへの高速鉄道が完成するも、通常の路線は事故も多く、また速度も非常に遅い。

さて、明日の朝には、この街を出発して隣町のEskisehirへ向います。距離は50km位で、地図を見る限り高低差もあまりないようだから、昼過ぎには到着できるかな。少し大きめの街だから泊まる所にも不便なさそう。

それでは、夜ご飯食べてきます。
ではでは。

ボズユク

みなさん、こんばんは。

今日はInegolからBozuyukという街まで走りました。昨日の疲れがまだ残ってたので、たどり着くか微妙だったけど気合でなんとか到着!

今日はずっと田舎の景色でのどかやったなぁ。当たり前だけど坂道はほんときつい!もう世の中、全部下り坂になったらいいのにと考えながら・・・。
進まないと、どこにもたどり着かないから、頑張るしかない!

Inegolを出発して、二時間ほどの所でアトさんという路上で果物を売ってるおじさんと出会う。トルコでは田舎に行けば果物の路上販売をよく目にする。

最初は通り過ぎるつもりだったけど、おじさんが「寄ってけ!寄ってけ!」と声掛けできたので、休憩も兼ねて寄ることにした。
「ちょっくら話しでもしようぜ」というので、イチジクと桃をいただきながら世間話しをした。トルコの果物は太陽をいっぱい浴びていているのでとっても美味しい。

ありがとう、アトさん!

そこから、三つほど峠を越えて17時にBozuyukに到着。すごいのんびりしている街でとても良い感じがする。

安めのホテルも見つかり、デジカメの写真をアップロードしたくてインターネットカフェを探すことに。青年に場所を尋ねたら、店まで案内してくれネット代まで払ってくれた。こちらがお礼する立場なのに、ほんとに申し訳ないです。

ありがとう、ルドゥワン君!

去年、トルコを訪れたときも、こんな事が多々あり、こちらの方がお金持ってるのに・・・。いろいろ葛藤することがあったけど、彼等の誠意に応えるのが良いのだと思います。

明日の朝に疲れがなければ、Eskinsehirという街まで行きます。今日と同じくらいの距離なので、大丈夫かな。でも、ここBozuyukがいい街なので、もう一泊してもいいかも。

それと余談ですが、自分の体力(疲れ)の調整がかなり大切だと実感。
下手に無理して走ると注意力が散漫になる。昨日は、走ってる途中に凄い眠気に襲われて自分でもびっくり!
ちゃんと休憩して、安全運転で行きましょう!

あと、実際のトルコ語の表記では、Uの上に点が付いてたり、Sの下にヒゲが付いてたりしますが、このブログでは地名などをアルファベットで書いていきます。

ではでは。

今日の走行距離:61.98km
総走行距離:142.00km

イネギョル

みなさん、こんばんは。

今日は、朝の7:30のフェリーに乗り10:30にMudanyaという港町に到着。そこからBursa、Gursu、Kestelを経由し、Inegolという街までやってきました。

400メートル級の峠を二回越えてきたけど、ほんと登りの坂道はきついね。一回目は、普通に通過できたけど、二回目の峠は、4kmのずっと長い登り。

取り合えず分かったのは、上り坂は自転車をこぐより、押して歩いたほうが、楽だなってこと。無理にこぐと、ふらついて危ないし、体力の消耗が激しい。

途中、Kestelの街で迷いこんでしまったけど、のどかで人も優しくていい所だったなー。

Inegolに着く頃は夕方で、なんとな幹線道路沿いのホテルを見つけてチェックイン。シングルで65リラと値段も少々お高め。まぁ、必要経費ってことで割り切りましょう!中級ホテルだからバスタブもあって、湯船にもゆっくり入れたし。

初日から少し飛ばしすぎたので、明日起きた時の疲れがちょっと心配。

ということで、今日は早めに寝ます。
おやすみなさい。

今日の走行距離:80.1km
総走行距離:80.1km