Author Archives: minamie

おわりのごあいさつ。

みなさん、こんにちは。
 
今回の投稿でこのブログを更新停止とさせてもらいますね。
表示する順番も読みやすくするために逆順に変更いたします。また、「Photo」は順次更新していきますので、また機会があればご覧んください。何か増えているかもしれません。
 
コメントに関しては投稿できる状態になっていますので、何か質問やご意見があればご投稿ください。また、メールでも受付可能です。(yol@chimera-web.com)
 
今までご覧になってくださった皆様、コメントなど多くの励みをいただき、とても感謝しています。ありがとうございました。いずれまた何かに挑戦したいと思ってますので、その時はまた発信できたらと思います。
 
それでは、みなさん良いお年を。
 
みなみえ。

余談【「Photo」「Slideshow」ページを追加】

みなさん、こんにちは。
ぼちぼち就職活動をしながら現実と向き合い始めている、みなみえです。
 
右上のメニューに「Photo」「Slideshow」ページを追加しました。
良さそうな写真を少し色調を調整してから、アップしています。現在100枚程度ですが、さらに100枚ほど追加していこうかなと思っています。のんびりと。。。

ちなみに今回の旅で持参したカメラは一眼レフの「Pentax K200D」で、レンズは「Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro (Model A18) (ペンタックス用)」です。

前回、世界一周の旅では邪魔だろうと思ってコンパクトデジカメだけ持っていったんだけど、一眼レフ持ってこればよかったと軽く後悔したので、今回はかさばるけど頑張って一眼レフを持っていくことにしました。
やはり、写りは良いですね。でも、移動中は止まってはいちいちカバンからカメラを出さないといけなかったので、少し面倒だったかも。

余談【間寛平 アースマラソン】

みなさん、こんにちは。

ただいま、吉本興業の間寛平がマラソンで世界一周に挑戦中ですが、一週間ほど前にブルガリアからトルコに入国し、現在はイスタンブールを走行中。本日、イスタンブールのボスポラス大橋を渡り、ヨーローッパからアジアへ渡るとのこと。

トルコからどのように東へ抜けていくのかはわからないですが、横断するのには一ヶ月ほどかかるのでしょうかね。僕も精一杯応援したいと思います。

間寛平 アースマラソン
http://www.earth-marathon.com/

おわりに その1

このブログを読んで頂いて、同じような旅をしてみたいという方もいると思います。しかし、普通なら「自転車での移動はちょっと…。」ってなりますよね。でも心配はいりません。自転車でなくても小さな街も含めてトルコ国内はバスやドルムシュ(乗合タクシー)が縦横無尽に走っており、街から街へと細かく移動することができます。なので、ガイドブックに載っていないような場所へも簡単に訪問するこができますよ。

しかし、現地の人達とコミュニケーションをはかるためは、ある程度のトルコ語を身につけておく必要があります。英語はホテルの従業員や旅行代理店、ツーリストインフォメーション、大学に通ってる若者には通じるかもしれませんが、多くの現地人にはあまり通じないと思っておいた方がいいです。

ちょこっとトルコ国内を旅行するのであれば、「旅の指差し会話帳」という本があるので、これを一冊持って挑めば良いです。もし、どっぷりと浸かりたいのであれば、あらかじめ日本で文法、単語を勉強しておけば良いでしょう。「本だけで勉強して現地で通じるのかな?」なんて不安もあると思うけど、思った以上に通じるはず。それに現地で2,3週間ほど滞在してれば、発音なんかも体にも染み込んできます。

でも向き不向きもあるので喋られないからといって心配することもないですよ。きっと日本から来ている旅人(客人)だとわかれば、多くのトルコ人は世話好きで親切なので、言葉が通じなくても丁重にあなたを受け入れるでしょう。

「トルコ、自転車の旅」を 6分43秒 で振り返る。

こちらの映像は、今回の旅で撮影したデジタルカメラの画像を順番に並べたものになります。はじめは写真を整理してお気に入りのものだけ調整して紹介させてもらおうとしたんだけど、枚数が多すぎて大変だなって思いどうしようかなって悩んでました。
そして、同じ被写体を露光違いで何枚も撮っていたのを順番に眺めてたらパラパラ漫画みたいになって面白くなりそうだったので、こちょこちょっとして写真を並べて動画にしてみました。
 
他にも自転車にデジカメを取り付けて撮影した映像もあるので、また後日紹介させてもらいます。
そして、年末までに総括をしてこのブログを完成する予定です。ゆっくりになりますがご了承くださいまし。

では、失礼します。

帰国

みなさん、こんばんは。

一昨日は、イスタンブールの裏道をぶらぶらと散歩し中古のトルコ映画のVCD(トルコではDVDもあるが、VCDもまだまだ現役)が安く売られていたので勉強のために購入。ちなみに、トルコはPAL方式なので日本のテレビでは見られないが、パソコンでは再生可能。

そして、昨日は出発日ということで、そわそわしすぎて何をしたらいいのかわからず、とりあえずスルタン・アフメット・ジャーミィに行き、ジャーミィの中で小一時間ほどぼおっとしておりました。その後は、宿出仲良くなった人達と遊び、18時半に宿を出た。

そんなこんなで、昨日の夜の便でイスタンブールを出発し、本日の夜に無事に大阪に到着。本当はもっとイスタンブールに居たかったかけど、三ヶ月のビザも切れるし、チケットも90日OPENで延長できなかったのでとりあえず帰国。

また、すぐ行きたいトルコ。
まったく飽きることのないイスタンブール。

時差ボケか何かで頭が回らないので、今日はここまで。数日内に総括の投稿をさせてもらいますので、今日はさようなら。

イスタンブール 15日目

みなさん、こんばんは。

だんだんと帰国が近づいてきましたね。明後日の12月1日にトルコを離れ、2日に帰国となります。

さて、昨日はmadamkaseさんのお宅に再びお邪魔し、5人でイワシの生姜煮とムール貝の鍋を御馳走になりました。その前に夜の新市街を散歩したので、その時の写真をどうぞ。

そして、今日は旧市街にある水道橋へ散歩し晩食にみんなで炭火焼の焼き鳥を作り食べましたよ。本格的に炭で焼いたのでとても柔らかくジューシーでとっても美味しかった!

イスタンブール 13日目

みなさん、こんばんは。

今日は、クルバン・バイラムという祭日でした。犠牲祭とも言うようで、イスラームの行事のひとつ。街の至る所で牛や羊が解体され、各家庭が神に生贄を捧げるというもの。

イスタンブールは都会だし特になにもないかなと思ってたけど、下町を散歩してると、ちゃんと行事が行われてました。生きた牛の首元をナイフで切り裂いて殺生するところも見学させてもらいましたが、生きていくために食べるってのはこういうことなんだなと実感。

イスタンブール 12日目

みなさん、こんばんは。

おとといは、海岸沿いにあるクンカプという箇所にある魚市場に行き、昨日はお土産の価格調査にグランドバザールへ。そして、イスラム圏では祭日が始まり明日から数日間はグランドバザールなどの商店が閉まるとのことなので、今日の午前中にお土産を買いに行き、夕方から木曜バザールへ行ってきましたよ。

ではでは~。